歌詞

桜通り十文字

関口由紀

作詞
関口由紀
作曲
関口由紀

出会ったことが なかったことになると

信じているの 記憶は消え失せると

おかしな話だ、可哀想な奴だ、と

皆に言われても その通りでも

他に何も縋(すが)るもの 見当たらないから

他に何も縋(すが)るもの 見当たらないから

他に何も 他に何も…


たかが三年 共に寝起きしただけ

別れたり戻ったり 互いに依存してた

たかが三年 然(さ)れど三年の月日

たかが恋愛 然(さ)れど恋愛


二十五時の 桜通り十文字で

数少ない往来に 彼を探している

私 何を 何をしてるの…


春一番が 別れの季節告げた

出会わなければよかったのにと鳴いた

信じさせてよ 不可能だとしても

出会ったことが なかったことになると なかったことになると

他に何も縋(すが)るもの 見当たらないから

他に何も縋(すが)るもの 見当たらないから

他に何も 他に何も 他に何も

何も 何も イ可も


春一番 桜通り十文字で

三年の月日をのせて 渦を描いた

悲鳴あげて どこへ行くの

悲鳴あげて どこへ行くの

提供: うたまっぷ