歌詞

Siren

doa

作詞
稲葉浩志
作曲
徳永暁人

分厚い雲にじんわり 包み込まれ 倒れそう

どうせならどしゃぶりになれ 何かを今 失いそう


ジユウという響きに ただ憧れ

結局僕はどこまで はばたいてゆけたというの


絶対きみだろ 何も無い僕のそばにいたのは

そうだろ 黙って抱きしめてくれたのは


風吹く真昼の街に サイレンが響きわたる

愚か者よ 目を覚ませ


気がつきゃ 道を曲がり 踏切を渡って

見慣れた通りの はじっこに たどり着いて 黄昏の世界


その窓の灯りは 誰のためのもの

こんな時こそすべてを 前向きにとらえさせておくれ


絶対きみだろ ゆずれぬ物は 今 目の前にある

そうだろ ムリヤリ抱きしめりゃいいんだ


ふるえる胸の奥の方 サイレンが響きわたる

愚か者よ 走り出せ


絶対きみだろ 何も無い僕のそばにいたのは

そうだろ 同じ光を見てた

Don't let me be alone たしかに僕には聞こえている

そうだよ 知らないふりはもうできない


優しい歌声のよに サイレンが空に溶ける

愚か者よ 叫べ

提供: うたまっぷ