歌詞

悲しみの傘

ゆず

作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁

玄関の隅に少し大きな傘が掛けてある

照れ屋の君は普段は手も繋げないのに

雨が降る時はいつも僕を町へ連れ出して

その日ばかりは嬉しそうに僕の傘に入ってきてたね.....


君が去った今は一人で使うには

この傘は少し大きすぎるから

二人の想い出と共にそっとしまっておくよ


今夜も窓の外はどしゃぶりが降り続いてる

君と最後にサヨナラしたのもこんな日だった

交差点の向こう側でびしょ漏れの君が手を振る

僕の耳に聞こえてきたのは傘にあたる雨音だけ.....


君が去った今は一人で使うには

この傘は少し大きすぎるから

二人の想い出と共にそっと.....


こんな日が来るとは思わなかった時間が

まるで嘘みたいにあたり前になってゆくけど

悲しみの傘と二人の想い出はどこにも消えはしない

提供: うたまっぷ