歌詞

灰皿の上から

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

灰皿の上にため息を吹きかけて

想像の風にくるまって背中を丸める


のうのうとここまで今日もまたやって来た

明け方の空を眺めていつもの様にここに居る


要らない様な言葉だけ

心の中で何度も繰り返しては

聞こえてる様な 聞こえていない様な そんな感じで


あぁどこからどこまでが本当に大事で本当に愚かなんだろう?

臆病な分だけ先に進めない 押し込んで消した灰皿の上から

今日も聞こえるわけもない君への想いを呟いてる


静寂の朝もやを排気音がかき消した

いつの間に走る走ってるトラックの音に気付いたんだ


やがて火種が音も立てずに消えて

窓から漏れる明りだけつけたこの部屋は

誰か居る様な 誰も居ない様な そんな感じで


あぁどこからどこまでが本当に大事で本当に愚かなんだろう?

臆病な分だけ先に進めない 押し込んで消した灰皿の上から

今日も聞こえるわけもない君への想いを呟いてる


僕はと言えば散らかったこの部屋の隅で膝かかえて

やけに気になる時計と今日のニュースを待っている

提供: うたまっぷ