歌詞

月影

斉藤和義

作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義

今夜夢のバスに揺られている 街はまだ眠る

晴れた夜に輝く月 どこまでもついてくる

十年前にもしもちょっと行けるのなら 何をしようかな

あの懐かしい 街に出かけ 月の影をめざして


気がつけば ほら、あの時の匂いがする

見覚えのある 石を蹴飛ばして夢見てる少年


晴れた夜には誰の後ろにも 月はついてくる

変わったもの 変わらないもの すべては胸の中に


回り続ける季節のない毎日も

振り向けば ほら、月の影は今 僕らの街の上


僕は夢のバスに揺られている 街も動き出す

ターミナルでUターンして 月の影をめざして

君の眠る街まで 伺気なく首肯いて

提供: うたまっぷ