歌詞

3×3×3

ゆらゆら帝国

作詞
Shintaro Sakamoto
作曲
Yura Yura Teikoku

デーモンはたいがい犬のふりをして近所の子供達を見張っているんだ

木や草と話しをする子は大人になる前にどこかへつれていかれてしまう

公園を主人と散歩するでかい犬のふりをしてデーモンは子供達のこと

見張ってる 調べてる あぶない子供をさがしてる

見張ってる 調べてる あぶない子供をさがしてる


東京都国分寺市在住S本さん家の長男けずる君

5歳の誕生日を直前に控えた1972年9月2日午後

家の前でタンポポの茎を裂き 開き 乾かす途中で行方不明となる

6時間後無事発見されたものの 彼の変化に気付いた者は誰もいなかったという

そして5年 そして10年 そして15年


おでこ殴られて 目玉飛び出して

あいた二つの穴に 俺は二本のシールドぶちこんで

何をするでもないけど 目が見えないから手さぐりで

心の中にいる友達三人グループの一人に 右手まかせて

もう一人に 左手まかせて もう一人に 耳かたむけて

メッセージを聞いた 歌唄った 赤いギター

弾いて このまま夜は明けるんだ

そう 夜は明けるんだ


あれをそれにして それをこれにして これのここだけかえて

それでどうなるわけでもないけれど

夢をみるならでかい夢 でも みえないなら目をとじて

心の中にある三つの扉を開くのさ

一つは 二つめに続く 二つめのは 三つめに続く

三つめのは 最初のに戻る

ただそれだけだった 同じだった わらっちゃった

別にどこへも行きたくないけど

別に 行きたくないけど


おでこ殴られて 目玉飛び出して

あいた二つの穴に はやくふたしめなくちゃ

頭のなかにはいつでも いたずら小僧が三人で

手をつないで 輪をかいて

手をつないで 輪をかいて

まわってる まわってる まわってる 、、、、、、、、、、、、、

提供: うたまっぷ