歌詞

夕暮れどき

ゆず

作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁/寺岡呼人

並木道を歩けば黄昏の空に

ささいな事もはるか昔の様に思えるけど

寄り添う君が一つ微笑む度に

僕は僕である事に気が付くんだよ


頼りがいのある男には見えないかも知れないけど

それでも君を守りたいって思うんだよ


夕暮れどき川沿いの道優しい風に吹かれて

もう少し君といたいからゆっくりと歩いている

すごく当たり前の様な会話だけどそんな事が僕を

幸せの色に染めてゆくから...


山吹色した空に明日を占ってみても

失ったものと手にしたもの全てが無情に思えるけど

抱きしめた君が好きと呟く程に

胸の奥のすき間が埋まってゆくんだよ


永遠に続くものなんてありえないかも知れないけど

ほんの少しそんな事信じてみたいんだよ


夕暮れどき自転車押して聞こえる子供達の声

あと少し君といたいからゆっくりと歩いている

くだらない話しながらいつまでも二人で笑ってる

こんな時間ずっと続けばいいな...


夕暮れどき川沿いの道優しい風に吹かれて

もう少し君といたいからゆっくりと歩いている

すごく当たり前の様な会話だけどそんな事が僕を

幸せの色に染めてゆくから...

提供: うたまっぷ