歌詞

Forget-me-not

CHEMISTRY

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて

流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人

窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた


幸せかい 昨晩のぬくもりに

そっとささやいて 強く君を抱きしめた


初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの

空をいつまでも さがしてた

君がおしえてくれた 花の名前は

街にうもれそうな 小さなわすれな草


時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど

僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ

愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど


幸せかい ささやかな暮しに

時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた


時々僕は無理に君を 僕の形に

はめてしまいそうになるけれど

二人が育くむ 愛の名前は

街にうもれそうな 小さなわすれな草

行くあてのない街角にたたずみ

君に口づけても


幸せかい 狂った街では

二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる


初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの

空をいつまでもさがしてた

君がおしえてくれた 花の名前は

街にうもれそうな 小さなわすれな草

提供: うたまっぷ