歌詞

Monologue

CHEMISTRY

作詞
西田恵美
作曲
久保田利伸

ため息が溶ける虚しさのモノローグ

Oh ひとりきり どこへ行けばいい?

押し寄せる静寂を抜け出して...


摩天楼の夜の波間 ヘッドライトがうねる

螺旋状になぞるテール 孤独を照らす光


真夜中過ぎのハイウェイから見おろす

飾りたてた世界が

失くした時を呼び戻して

遠く眠らせた傷を目覚めさせる


凍てついた日々が いたずらに過ぎて

Oh ひとりきり どこへ行けばいい?

ぬぐえない憂鬱に包まれて...


たどりついた闇の果てに 月が冷たく笑う

あの日 罪な別れ方で終わった恋の痛み


ぬくもりだけで満たされるのなら

君じゃなくてもいいのに

とぎすまされた冬の風が

まだ消え残る想いをしめつけてく


眠れない夜に面影がめぐる

Oh こんなにも君を求めてる

やるせない愛しさを抱きしめて...


胸の片隅 疼くようにささった刺が

まぼろしを夜空に描き 切なくさまよう


ため息が溶ける虚しさのモノローグ

Oh こんなにも君を求めてる

やりきれない愛しさを抱きしめて...


切なく...さまよって...

愛しさ...抱きしめて...

提供: うたまっぷ