歌詞

恋心

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

肩にまわした手が時を戻す

あの日のように

視線合わせたら 泣きそうで


やっと忘れかけた

恋心があふれ出して

そよぐ風にも揺らぐほどよ


別々の道と心に決めて

歩み始めていた私


ふいに 姿を消す

勝手なあなたを許して

やり直せるほど

私は 強くなくて...


名前呼ばれるたび

胸の奥が チクリ痛い

遣る方ない想いがつのる


すっかりあか抜けた二人の間に

同じ明日はないみたい


「それじゃ」って席を立つ

あなたの背中が

だんだん 小さくなるのを

ただ見つめてるだけで


意地もはれないほど

疲れ果てた恋心が

なじりもせず

いま去って行くよ

提供: うたまっぷ