歌詞

ひとは大昔 海に棲んでたから

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

波の音は 君の声みたい

夢へいざなう

もう 戻って来ない人だと

知ってて・・・


たぶん大昔 海に棲んでたから

愛しい想いが溢れただけ

ながれる涙も 塩からいじゃない

未練がましいとか思わないで


海岸線 初めてキスした

思い出の場所

潮風が心つんざく

今でも・・・


それも大昔 海に棲んでたから

懐かしい想いに駆られただけ

潮の満ち引きで 命宿るじゃない

特別だなんて思わないで


ひとは大昔 海に棲んでたから

懐かしい想いが溢れただけ

ながれる涙も 塩からいじゃない

その名残 いまも感じただけ


海を見てる

暮れなずむ海を

ひとり佇み

提供: うたまっぷ