歌詞

アゲハ

GOING UNDER GROUND

作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋

窓から投げた声と丸めたてのメモ

バカって書いて笑ってた

きみと未来が生まれた

袖を汚し 誰のものでもない心を持ってたんだ


焼けた素肌で駆け出す 水鉄砲を持っていこう

飛行機の背中を そう 追っていけ


その手に持っていたことが

すべて言えた気になってた


さよならアゲハ 沢を下る風の名をさらって

ぼくらは生きてた

きみの嫌いなトカゲは闇を見てる

何ものも恐れず 心を去ってたんだ


バネの力で跳ねてく オナモミを取っていこう

土曜日のごほうびを そう 放り出して


その手に持っていたことが

すべて言えた気になっていて

行く手に待っていることが

すべて見えた気になってた

提供: うたまっぷ