歌詞

サムネイル

GOING UNDER GROUND

作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋

何も知らずに飛び乗って ぼくらは変わっていくんだよ

過ごしてきた日々を思った胸 いま何かを失っていたって

かつてきみに必要だった その手を振りほどいて行くんだよ

息を切らした胸 そのすべてを欲しがった腕


切りとってずっと持ってる光景を集めたら

わかっていたって気がするんだよ

始まりはいつもこんな日だった


さあ 飛んでゆくんだろ 晴れたところへ

きみを願ってる歌がそっと流れたら 羽を開いて


そうだよ その手を突き出して 未来をたぐってやるんだよ

歩いてきた道を消そうとした その弱さを決して捨てないで

そうだよ きみは必要だった 言葉を探して行くんだよ

下手したって 傷をさらしたって そのすべてで駆けだしていけ


透き通って虹を持ってる水晶の向こう側

裸になったきみの影が 抜け殼を捨てて遠くへ飛んだ

笑えた顔も 晴れた心も なくてもいいんだよ

歌がそっと訪ねたら それをつかんで


踏みだしたら 泣き止んだ歌 降りだした夢

突き刺したんだ 痛がりもしないで爪を落とした姿を

そんなもんなんか蹴飛ばしてやれ


過ぎ去った時間はあっても 心は震えるから

わかっていたって気がするんだよ

偶然はすべて明日になった


何を願うだろう 嗄れたその声 きみの力を歌はそっと守ってる

さあ目を見て

たとえゆがんでも 駆ける心で 生きてゆくんだよ

歌がそっと流れたら それをつかんで

提供: うたまっぷ