歌詞

てっぺんまでもうすぐ

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

日曜日の遊園地は

上手に夕暮れをつれてくる

さんざん 僕らをはしゃがせて

帰る時間を 忘れさせる

最後に乗った観覧車は

ゆっくり 僕らを 空へ運ぶ

静けさに困って目をやれば

ゴンドラは 恋人同志ばかり


しっかりしろよ

今朝からずっと

心にきめてたのに

冗談ぽく手をつなぐのが

せいいっぱいなんて…


"少し怖いね"

"でもキレイだね"

今の僕には

何の意味もない

言葉ばかり出てくるよ


この前のデートの時は

帰りの電車君の肩に

まわしそびれた手でずっと

手すり持ってたこと思い出す

もうすぐ一番高い場所

景色をふたり占めできるのは

ほんの少しの間だけ

僕は君の名前呼んだ


ふり返った

君の頬に

ずっと握りしめてた

ふるえてる手のひらあてて

そっとそっとKISSをした


"君が好きだよ"

"とても好きだよ"

100回以上

言っても足りない程の

想いを込めて


これからもずっとね

提供: うたまっぷ