歌詞

あとで笑う

ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ

いつか笑う日のため叫んだ 心の中だけでふざけんな

いつか笑う時まで負けるな 心の中だけはあきらめるな


今の苦しみ やがてその意味 分かる時来ると信じている君が

なんだって 頑張って 上を目指し 思いは 皆の心に根差し

弱音やグチ ばかり こぼしてる奴は心かなり乏しい

見上げれば空 ほら こら どうした どこか行くか

なんて こんな感じ 調子 今日も どうよ


オレの行きつく所を目指せ オレの行きつく所を目指せ

生かせ 自分の手のひら合わせ 幸せ折るだけで 間に合わせ


いつか笑う日のため叫んだ 心の中だけでふざけんな

いつか笑う時まで負けるな 心の中だけはあきらめるな


あきらめるのは いつでも出来る あきらめたら あとで 後悔する

そう その時の怒りを 心の中だけで バカ あんたがた

イエー マザファッカー

能ある 鷹は爪を隠し つけるぜ片はあとでタップリ

今は我慢 来るぜ 出番は 1番か2番だ!

YEAH それじゃ頑張って!!


なんだっていいやりたい事があるなら がんばるなら ちゃんと見てるから

最後まで あきらめず 足止めず ひとまず 軽くいっとけ


いつか笑う日のため叫んだ 心の中だけでふざけんな

いつか笑う時まで負けるな 心の中だけはあきらめるな


今まで生きてきた20数年乗り越えてきた いくつもの試練

綺麗ごとばかりでなかったといえ 辛いこともいつのまにか消え

焦らずあきらめず コツコツと行く 自分信じ 勇気もてば逆境に打ち勝つ

寒い夜は 1人孤独 机向かう 紅茶すする 重いまぶたこすり

またも夢の中で 1人孤独

太陽の光浴びて 目覚め 小さなペダルにふっと 足掛け

ちょっと休憩 ベンチ腰掛け 見える風景に 酔って

ちょっと ふっと ほっと微笑みかけ

春のこない 冬はないくよくよしない あきらめない 周り気にしない

ケツの穴は でっかく ケツと共にはばたく


いつか笑う日のため叫んだ 心の中だけでふざけんな

いつか笑う時まで負けるな 心の中だけはあきらめるな

提供: うたまっぷ