歌詞

天気雨

松任谷由実(荒井由実)

作詞
荒井由実
作曲
荒井由実

波打ち際をうまく 濡れぬように歩くあなた

まるでわたしの恋を 注意深くかわすように


きついズックのかかと ふんでわたし前をゆけば

あなたは素足を見て ほんの少し感じるかも


低い雲間に天気雨

みるみる煙る水平線


サーフ・ボードなおしに"ゴッデス"まで行くと言った

じゃまになるの知ってて 無理にここへ来てごめんね


夏の始めの通り雨

ついてないのは 誰のせい?


白いハウスをながめ 相模線にゆられて来た

茅ヶ崎までのあいだ あなただけを想っていた

やさしくなくていいよ クールなまま近くにいて

提供: うたまっぷ