歌詞

太陽の兄弟

TUBE

作詞
前田亘輝
作曲
春畑道哉

いつの日も眩しく見えた背中

触るだけで火傷をするぐらいに

誰よりも近くて遠い男(ひと)よ

どんなに追いかけても届かなくて


影のようにいつも真似てた仕草その全てが

僕にとってのゴールだった


なのに何故Brother立ち止まってるの?

Brotherもう走れないの?

太陽よりも熱い拳握れないの?

大人になるって何? 卒業するって何?

「自分」止めてまで手に入れる価値があるの?

教えてくれ兄弟 錆びてゆくナイフ


忘れちゃうぐらいの想い出しか

造れないよな奴が輝いてる

愛のムチ失くした愛の戦士

守るべき者さえも見つけられず


一つ二つ流れてゆく星が消える夜空

また一人堕ちてゆく


だからもうBrother泣いてもいいよ

Brother嘘は止めてよ

無理して昇る明日には朝陽も届かない

何のための涙? 誰のための笑顔?

黒い太陽じゃ僕も君も花も咲けない

気づいてるね兄弟


寄せる波や目もくらむ青空

その胸にいつか陽はまた昇る


なのに何故Brother立ち止まってるの?

Brotherもう走れないの?

太陽よりも熱い拳握れないの?

大人になるって何? 卒業するって何?

「自分」止めてまで手に入れる価値があるの?

教えてよ 聞かせてよ

太陽の兄弟 沈まない太陽

提供: うたまっぷ