歌詞

赤い月に吠える夜

GO!GO!7188

作詞
浜田亜紀子
作曲
中島優美

世界はもう味がなくなって

惰性で噛んでるガムみたいだ


今夜天に一番近い海の底で羽根を広げ

左胸で踊り狂う イカレた臓器のような

赤い月に吠えた


嘘と真実が交わる場所

それすら犯してしまったんだ


今夜風が止む時刻を待って孤独の星が降る

古びた爪跡だらけの緞帳がよく似合う

赤い月に吠えた


今夜風が止む時刻に終わりを告げる鐘が鳴る

きっと「生」にしがみついてそれを見てるだけさ

今夜天に一番近い海の底で羽根を広げ

左胸で踊り狂う イカレた臓器のような

赤い月に吠えた


赤い月に吠えた

提供: うたまっぷ