歌詞

冬の魔法

COOL DRIVE

作詞
Nemo/Jam
作曲
Nemo

ホウッと吐いた息が白い

路地を曲がり君の部屋へ

三歩くらい前を気持ちが

先に 歩いてゆくよ


冬生まれの君と僕は

足りないもの良く似てるね

素直になれないけれど 本当は

一緒にいたいのさ


冬のうたが聞こえるよ

冷たい指 繋ぐ時

ほんの少し 握り返し

照れ笑い 隠してる

君が好き


ふたりひとつの愛にいて

暖まれるならそれでいい

冬の匂いが深くなって

鼻がツンとした


湯気の中の君が好き

鍋の魔法 ときほぐす

他愛もない 今日のことを

大げさに 話してる

君が好き


誰よりも


たいせつなことは ふたりでいること

その想いが あふれ出して

紡ぐメロディー


そしてまた、


冬のうたが聞こえるよ

冷たい指 繋ぐ時

ほんの少し 握り返し

照れ笑い 隠してる

君が好き


季節が巡りゆくたびに

僕らの何が変わるんだろう?

だけど君のそばにいるのは

きっと変わらない


ずっと


ずっと

提供: うたまっぷ