歌詞

白い冬

雷鼓

作詞
hidemix/ハル
作曲
ハル

冬の空 粉雪が宙に舞う 白い大地輝きは十二倍

行けるとこまで行こう 足取りは軽快 体いっぱい浴びる自然体


今日も沈んで行く夕陽に 辺り一面 紅く色付き

そう 冬の匂いが二人包んで また一つ刻んでく思い出


君の家が見えるとこまで ポッケの中で手を繋ごう

くだらない話と白い息 その全てが宝物


いつでもそばで 笑い合えますように ますように

僕らの心が 白い冬 白い冬


ウン 帰宅時間とうに過ぎそろそろ 月が照らす道歩くあの頃

ガキん頃から変わらぬ風景 空高く駆け抜ける流星


肩を並べべンチに座り込み 白い息と君のぬくもり ウン

変わる事ない記憶褪せずに 遙か彼方へ君と未来に


君の家の近くに来たから ポッケの中の手を離そう

くだらない話と白い息 ずっと続けばいいのにな


いつでもそばで 笑い合えますように ますように

僕らの心が 白い冬 白い冬


何もかもみな 白く変わっていく

僕らここで 生きているよ


いつでもそばで 笑い合えますように ますように

僕らの心が 白い冬 白い冬


出逢えたモノを 何一つこぼさぬように さぬように

噛みしめながら 巡りゆく 未来へと

提供: うたまっぷ