歌詞

HUMMING LIFE

コブクロ

作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎

夕方四時 一人重たいガラス戸開け ベランダに出れば

夏をつれてきた 6月の夕立ちが むくんだ頬を濡らす

誰も僕の事なんて知らない 僕もこの街の事なんて 何も

知らないから全部脱ぎ捨てて はじめられた Renewal Life


二人じゃ手狭だとか なんだかんだ 愚痴りながら はや もう4年

紆余曲折ありつつ なんとか 暮らしも落ち着いて来たと

今日も仕事に出かけていった君に 弱音は吐けないよ

情けない程あての無い日々 でも光は見せていたいから


まだまだ何も掴んじゃいない この手で掴んでいるのはギター

こいつでいつか この世界中に 響く歌を見つけてやるんだ

誰も知らない珠玉のメロディー 山ほど浮かんでいるけど

空気に解け 形にならないから 君を不安にさせるのさ


君の言う幸せのかたちは 僕が描いてたのなんかより

もっと単純でもっと身近な なんでもない事なんだと

なんとなく気付いた時 止めどなく 涙が溢れた

大事な事 見失ってまで もう 自分を変えたりはしないよ


帰って来るなりバタバタと 君は鏡の前でファッションショー

うっかりしてた! 週末にはどっか連れていくって言ってたっけ!?

パジャマにぼさぼさ頭のままで 寝転がってる僕の上を

咳払いしながらまたいでゆく 君を今日も愛してる!


どんな言葉より どんな優しさより

その笑顔に代わるもんなど 僕の中には無いんだ

どんな痛みより どんな悲しみより

君の涙ほど切ないもの 僕の中には無いんだ

どんな言葉より どんな優しさより

その笑顔に代わるもんなど 僕の中には無いんだ

どんな痛みより どんな悲しみより

君の涙ほど切ないもの 僕の中には無いんだ

心にそう刻んだ日から 何度転んでも

何度でも立ち上がれたんだよ

提供: うたまっぷ