歌詞

光の誓いが聴こえた日

コブクロ

作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎

「立ち止まってしまう日もくる。

そんな日は、鼓動に耳を澄ませて、

また一歩、踏みだせる時を待てば良い。

信じたあの歌を、Buck Ground Music に。」


そんな事しか書けなかった 小さなメモ書きだけ渡し

そっとぶつけ合った拳から

言葉よりも確かに 聴こえてきえた

無言のメッセージ


やがて朝露にぬれたリュック 朝霧の中に消えてゆく

この仲間じゃ一番の意気地なし

そんな面影など もう 思い出せやしない


さぁ!君を照らしだす光よ "消えない"と

今 ここで誓ってゆけ

誰にも見えない道を行く あの足下を

照らし続けてくれ


立ち向かうべきはいつでも 常識に捕われた自分さ

いつまでもバカになれずに 澄まし顔で笑ってる

そんな自分を 打ちのめすんだ!


プラスやマイナスなんかで 割り出せるような夢なら

一晩中 机に向かって

机上の空論に 今日も酔いしれてりゃ良いさ


さっきまでこの胸に眠っていた衝動が

小さな野望に火をつける

時代と言う名の雨に 消されるくらいなら

いっそ 燃え尽きるまで・・


昨日の右が 今日は後ろで 明日はいったいどっちなの?

ぐるぐる回り続けてる 君の上に今日も 陽は昇るよ


さぁ!君を照らしだす光よ "消えない"と

今 ここで誓ってゆけ

誰にも見えない道を行く あの足下を

照らし続けてくれ


君を照らしだす光よ "消えない"と

今 ここで誓ってゆけ

誰にも見えない道を行く あの足下を

照らし続けてくれ

提供: うたまっぷ