歌詞

雨上がりのBlue

GARNET CROW

作詞
Azuki Nana
作曲
Yuri Nakamura

夏の夕暮れに並んだ足跡

不揃いな影がほら

気だるく揺れてる


二人同じ 過去(とき)を

共有した(すごした)からもっと

その 未来(さき)の方へ手を伸ばしたくなる


悪あがきの後の寂しさは何だろう

かみしめた無駄な時間愛しく

over 25℃


夏の繋がりを 信じていたい気持ちになれたよね

それぞれの道をゆこう

追いかけたイメージ雨上がりのBlue


優しくなれない 時や されない歯がゆさ

僕ら逃げ出せず 人生行路(みち)をふらついていた


儚い 生命(ひび)だと知りながらどうしてだろう

終わりのない問いかけはいつも

駆け巡る


夏の遠ざかる 記憶だけ 哀しく連れて来る

そばにある愛しさの

意味をさらうように ふとよぎってく


ハジけた夢はまた紡げばいい ただ在るだけ それもいい

愛すべきもの感じる気持ちまた流れたら

偉大な 生命力(そこぢから)だね


夏の繋がりを 信じていたい気持ちになれたよね

やがて来る 気紛れな

運命(せかい)の中でも 巡りゆく

over 25℃ summer day

追いかけるのは 雨上がりのBlue

提供: うたまっぷ