歌詞

夕月夜

GARNET CROW

作詞
Azuki Nana
作曲
Yuri Nakamura

夕月の光とならぬ空

そっと寄り添う

人影にも惑う


我.見えぬ,見ゆるどもah-

閉じた心で

何が見えるものかと ひとり

問いかけられる


会いにゆきたい 人がいますか今

涙さそう のは何故でしょう

ah- 何も持たず 明日を迎えること

望んだのは 過ちですか


遠くから 呼ばれる声がする

気のせいだと 抱き寄せる人はいない


手に届く温もりは ah-

いずれ消えるでしょう

それでも求める価値あると

思えるでしょうか


大いなる河 のように闇が

居着くのです 音もなく

ah- 何も待たず 明日を迎えること

望んだのは 過ちですか ah-

許されますか ah-

畏れてばかりと ah- タ月夜は問う ah-

深い闇を連れ


会いにゆきたい 人がいますか今

涙さそう のは何故でしょう

ah- 何も持たず 明日を迎えること

望んだのは 過ちですか


光のない 夕月夜がまた

現れる 白く揺らぐ

はかなく脆い 記憶の上に

僕ら立つの

何処までも遠く yhe-

また空ながめ ah-

提供: うたまっぷ