歌詞

まだ見ぬ君へ

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

かあさんは余計な事して

見合い話 持ちかける

自分が思うよりも もっと

寂しそうに見えるらしい

今ごろ未来の恋人は

どこで何をしてるやら

サボテンもコーヒーメーカーも

「まだかよ」って怒ってる


とりあえず


まだ見ぬ君を想って

ラッシュにもまれたり

まだ見ぬ君を想って

部屋を掃除してみたり


自分のためだけに生きるには

時間はちょっと長くて

最近の僕は こんな風に

過ごしています


古い友達とこの前

飲んでた時に言われた

「おまえの理想ってひょっとして

高すぎるんじゃない?」って


「そうかもね」ってその場所は

笑ってごましたけど

君と出会うために生まれて

来たと言いたいだけ


ばかだけど


まだ見ぬ君を想って

歯をよく磨いたり

まだ見ぬ君を想って

犬をシャンプーしてみたり


一緒にいるのに寂しく

なるような恋はもういいよ

愛のようなものじゃなくて

愛が僕は欲しいから


まだ見ぬ君よ 今僕は

がんばって 働いてる

まだ見ぬ君よ 今僕は

がんばって 遊んでいる


一緒にいるのに寂しく

なるような恋はもういいよ

愛のようなものじゃなくて

愛をあげたいから


愛のようなものじゃなくて

愛をあげたいから

提供: うたまっぷ