歌詞

PAIN

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

とにかく車に乗って

ちょっとでも遠くへ行こう

こんな気持ちのままじゃ

きっとずっと眠れない

子供の気持ちを

もう全部解りきれない

両親のさみしそうな声

今日は辛いから

留守電は切っておこう


高速も小さな路地も

この街の地図は覚えてるから

さぁ逃げ出そう だけど一体

どこへ逃げて行けばいいんだろう


今日ずっと抱えてたのが

僕だけにしか解らない痛みなら

誰も気付かない場所に捨てて

何もなかったように

今すぐ笑いたい


ずいぶん見ていなかった

夕焼けみたいな色をして

朝焼けが僕に言う

「ちょっとくらい眠らなきゃ」

もうすぐ車は

大きな橋を渡る

逃げ出した街へ戻るための

「虹の架け橋」皮肉みたいで笑えた


東京が朝もやの中で

なんだか寝ぼけているように見える

さあこの隙に忍び帰ろう

家出から迷い戻る子供のように


今日ずっと抱え続けた

僕だけにしか解らない痛みも

捨てずにこのまま持っていれば

もうすぐ昨日の

痛みに変わるだろうか


見慣れない自転車が駅前に増えた

来る人 帰る人が持ち寄った夢を

この場所で支えられるうちは

僕の郵便番号は1から始まる


今日ずっと抱え続けた

泣きそうなときのあの胸の微熱が

僕の体温になって

いつかだれかのことを

暖める術になる


もうすぐ昨日の痛みになる

提供: うたまっぷ