歌詞

revenge

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

手の込んだ服は

友達がもってった

よく見られたいより

今はよく見たいから


教えてくれたことは全部

僕と上手に暮らしてるよ

飼い主を僕と思い込んでる犬みたいに


聞こえなくてもいい

届かなくても 知らなくてもいい


最後の日 君は忘れられるのが

一番辛いよって 言ってただろ?

だから僕は 君を忘れてやる

僕の中からすべてを消してやる


タバコもやめられたよ

キスだって今なら

口にしたキャンディと

同じあまい味だよ


こんなに長い間

君の言いつけを

必死に守ってた 何てばかなんだろう


だれもきっと愛せない

このままじゃきっと愛されない


最後の日 君は忘れられるのが

一番辛いよって 言ってただろ?

だから僕は 君を忘れてやる

たとえもう君が別にそんなこと

どうでもよくても


髪も瞳も 薄赤い頬も

小さな背中も 抱きしめる強さも

よく泣いたことも わがままも嘘も

そしてあの笑顔も 全部忘れてやる


たとえもう君が別にそんなこと

どうでもよくても

提供: うたまっぷ