歌詞

うん

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

お互いに形みたいなモノが

なければダメな頃もあった

何が誰かの心の支えに

なるかわからない

ずっと前に僕のキーホルダーから

もってったやつを大事につけてる

ちっぽけだけど これでも僕なんだと

言って揺らして見せた


25歳の年から急に

一年一年が早いよね

あまりどこにも連れて行けなかった

もうちょっとだけ待ってろよ


他には何も言わないで

君が「うん」って言えたから

百回好きと言われるより

うれしくなった

他には何も言わないで

僕も「うん」って言えたから

ほら世界で一番短い I love you


梅雨の晴れ間は少しだけ

次の夏の予告をする様

紫陽花の垣根の前で僕らは

小さなキスをした


「綺麗になりたいと思うこと

これからも忘れずにいるから

恪好いいおじさんになるよう頑張ってよ]

鼻先に指が触れる


他には何もいらないから

ずっと撲のそばにいて

嬉しい気持ち伝えるのは

ちょっと下手だけど

他には何もいらないよ

こんな気持ちは初めてだよ

どんな遠くにいってももう独りじゃない


大事なことはいつも

平凡な場所にうずくまって

僕らに気づかれるのを

じっと待ってる


他には何も言わないで

君が「うん」って言えたから

百回好きと言われるより

うれしくなった

他には何も言わないで

僕も「うん」って言えたから

ほら世界で一番短い I love you

提供: うたまっぷ