歌詞

PENGUIN

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

製鉄所のコンビナートは

赤と白の市松模様

君に見せるつもりだった

ロケットの模型と同じで

もう君にも見せることもないし

この道も二人じゃ通らない

話もしてキスもしたけど

出会わなかった二人


誰も許してくれないなら

-緒に逃げようって泣いたよね

南極なら君と僕とペンギン

悪くないねって

ちょっとだけ笑ったよね


今でも時々思い出しては

連れ出さなくてよかった事も

愛していたのも

ホントだったと笑ってる


急スピードで追い越して行った

真っ黒い車が消えてく

それはまるで海に向かって

走る真夏の子供のよう

高速道路の料金所は

いつも君に任せてたよね

膝の上大事に持っていた

僕の財布も変わったよ


誰も許してくれなかった

理由はまだ解らないけど

たぶん君と僕とじゃ行けない場所が

二人の行かなきゃいけない場所


いたずらをして怒られても

「ごめんなさい」の一言を

誰かに言えばそれでよかった

あの頃にはもう戻れない


誰も許してくれないなら

一緒に逃げようって泣いたよね

南極なら君と僕とペンギン

悪くないねって

ちょっとだけ笑ったよね


今でも時々思い出しては

連れ出さなくてよかった事も

愛していたのも

ホントだったと笑ってる

提供: うたまっぷ