歌詞

むすんでひらいて

キンモクセイ

作詞
伊藤俊吾
作曲
伊藤俊吾

この世は終わりに向かい進む船よ 季節の移り変わりまで狂わせる

父と母と日の光を浴びてきたから 生きてる


二人生き延びることを望むならば 恥じらいなど捨てて人として歩く

桃色に透けてる君の耳を見てると 心が


むすんでひらいてやさしくなれる 確かに流れる血潮抱いて

涙を流して生きてもいいなら 死ぬまで君を離さないと

そう思えるこのごろ


私の心に滲みる季節の花 節目の訪れに咲いた一輪の

また唄おうか 一頃とは違う私を願って


むすんだ拳の小指から数え いつしか両手で足りぬ程に

月日の早さに負けないように 死ぬまで君を離さないと

そう思えるこのごろ


むすんでひらいてやさしくなれる 確かに流れる血潮抱いて

涙を流して生きてもいいなら 死ぬまで君を離さないと

そう思えるこのごろ

そして流れる涙

提供: うたまっぷ