歌詞

洗面所

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

昨日洗面所に置いてある ガラスのコップが割れた

解ってるんだ 知ってる

形あるものは儚くいつかはなくなる事

解ってるんだ


だけどこうしてあなたとの

愛しき日々が記憶の奥のカケラになって

消えてゆくなんてね 太陽よこんなあたしを今すぐ隠して


ひとつずつ思い出が あなたとあたしのある日をふいに壊しても

ひとつだけ変わらないよ あなたの傍にいたいと泣いたのはあたしだって事


どんな傷も癒えるよな あなたの言葉はもう 聞こえない


横顔に只 見とれたよ 愛しき日々は恥じらいながら大きくなって

静かに今だって 二人歩いた坂道に引き留められたり


いつか思い出を 微笑みながら話せる日が来たとしたら

きっとその時は あなたの大きな両手をもう一度恋しく想うだろう


ひとつずつ思い出が あなたとあたしのある日をふいに壊しても

ひとつだけ変わらないよ あなたの傍にいたいと泣いたのはあたしだって事

提供: うたまっぷ