歌詞

火星のスコーピオン

ROSSO

作詞
CHIBA YUSUKE
作曲
ROSSO

見えている月にはうさぎは住んでなかった

いくつかあるうちのひとつには見覚えが

あるような花が 咲いてることもなくは

ないように見えてた ほんのちょっとだけど


でも彼はその花が 呼んでるように見えた

行きたいと思ってた あそこには誰も

いないはずだったし 音のすき間もないくらい

静かな場所だと 思い込んでたから


火星のスコーピオン

火星のスコーピオン


やわらかなベッドもあったけど彼は

エンジのソファで いつも眠っていた

おしゃべりニックが いつ来てもいいように

ベルの音が鳴ったら すぐドアに行けるように


火星のスコーピオン

火星のスコーピオン


いつだって願ってた 神にも空にも

どうしても僕の針は誰かを傷つけて

しまうから嫌なんだ どうか僕の針から

毒を抜いてくれよ やせすぎたっていいから


火星のスコーピオン

火星のスコーピオン

提供: うたまっぷ