歌詞

熱風

CHAGE&ASKA

作詞
松井五郎
作曲
ASKA

逆巻く波は吼え

船出の時がきた

滅びゆく祖国を後に


鴎は泣き叫び

風に帆はゆれてる

紺碧の海原へむけて


泡の如き運命が

俺に櫂をにぎらせる

船は何処の岸辺に

女神を見るのだろうか


太陽の胸に剣をむければ

この心も炎になる

Luara Luara Luara


逆巻く波は吼え

船出の時がきた

滅びゆく祖国を後に


北をめぐる疾風よ

南からの瀬流よ

荒んだ祖国を洗え


いつの日か金色の

竪琴を持ちかえり

とこしえに奏でるまで


たけり狂う嵐にも

俺は負けることはない

船は熱い風を受け

何処までも翔けてゆく


太陽の胸に剣をむければ

この心も炎になる

Luara Luara Luara


太陽の胸に剣をむければ

この心も炎になる


太陽の胸に剣をむければ

この心も炎になる


太陽の胸に剣をむければ

この心も炎になる


太陽の胸に剣をむければ

この心も炎になる

Luara Luara Luara


逆巻く波は吼え

船出の時がきた

滅びゆく祖国を後に

提供: うたまっぷ