歌詞

白の吐息

CHEMISTRY

作詞
Juve
作曲
為岡そのみ

初めて交わした言葉を 何度も今繰り返してる

まだ昨日のことのように 今も鮮やかに響いてる


町を賑わすざわめきの夜 君の肩越し照らす灯りに


たったふたりの ただふたつだけの影

伸びた時間にじっと身を委ねてる

そっとささやく声が 白く途切れてしまう前に

今を誓おう


まだ互いのことを全部 知らずに来た初めての冬

もどかしさを遊ぶように 少しずつ近づいている


家路を急ぎ重なる靴音 聞こえないように君が広げた


傘のカーブに落ちた白い綿雪

溶ける時間が遙かに感じるから

君のコートの肩 白く色を変えてく前に

明日を誓おう


君がぽつんと今つぶやいた吐息の跡を

すぐに隠そうとした かじかんだ指を

そっと握って静かに暖めよう


今傘のカーブに落ちた白い綿雪

溶ける時間が確かに思えてくる

君のコートの肩 白に色を染めてく前に

今を誓おう

提供: うたまっぷ