歌詞

シュクメイ

藤木直人

作詞
市川喜康
作曲
市川喜康

木もれ陽、石畳を 遠のいて行く背中

短すぎた その季節を 飛び立つかのように


僕は夢中で追いかけるでも まして待つ訳でもなく

ただ臆病に寵の隅の方で 大空を見上げては

目を閉じた


届かないままで 消えゆく未来は いつも煌めいてたのに

僕には見えない 永遠の場所へ 君だけを連れ去った


月日を積み重ねて 染み込んだ面影を

揉み消すたび この心は 君を探すけれど…


冷えきった手を忍び込ませた 悪戯な笑顔がまだ今も

となりでやわらかに揺れる そんな夢の途中に

僕はいる


鮮やかな風に流された涙 君はもう捨てたのだろう

最初で最後のわがままに似せた 遙かなる優しさで


あまりに無邪気な約束で 互いを結んだ淡き日々

それと引き替えに 僕たちは何を手にしたのかな


届かないままで 消えゆく未来は いつも煌めいてたのに

僕には見えない 永遠の場所へ 君だけを連れ去った


そして、

この胸に残された夢を 僕は背負い生きるだろう

きっといつの日も この大地に立ち 大空を想うだろう

提供: うたまっぷ