歌詞

朧月夜~祈り

中島美嘉

作詞
高野辰之/中島美嘉
作曲
岡野貞一/葉加瀬太郎

菜の花畠に 入日薄れ

見わたす山の端(は)

霞ふかし。

春風そよふく 空を見れば、

夕月かかりて におい淡し。


里わの火影(ほかげ)も、森の色も、

田中の小路(こみち)を たどる人も、

蛙(かわず)のなくねも、かねの音も、

さながら霞める 朧月夜。


聞いて 聞いて

瞳閉じたら

風の 星の

歌が聴こえる


菜の花畠に 入日薄れ

見わたす山の端(は)

霞ふかし。

春風そよふく 空を見れば、

夕月かかりて におい淡し。


遥か 遥か

遠い未来に

強く 強く

輝き放て


全て 全て

母なる大地

生きて 生きて

この胸の中

提供: うたまっぷ