歌詞

眼鏡をはずす夜

忍足侑士(木内秀信)

作詞
木内秀信
作曲
木内秀信

雨の匂い 煙るタワー

いつもの場所 待ち合わせた午後


ふと漂う その大人の残り香

どこから連れてきたの?


交わす言葉 無くしたままそっと 唇噛む


答え探す ただ俯(うつむ)く俺の

眼鏡をあなたがはずす夜


レンズで隠したのは

冷静さを保つだけじゃなくて


心許すことなど無いはずの

自分が怖かった


わずかな時間(とき) あなただけに見せる 本当の顔


疲れ果てた うたた寝する俺の

眼鏡をあなたがはずす夜


高まる気持ち 抑えて振り返る 手を振るあなた


涙が頬つたう俺の

眼鏡をあなたがはずす夜

あなたが眼鏡をはずす夜

提供: うたまっぷ