歌詞

踏切

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

昨日の夢 流行の唄 君の言葉 響く靴音

町のざわめき踏切の前立ち止まり


頭の中真っ白になるまで考えてたいんだ

それは君の事でも僕の事でもなんでも構わない


目の前をいつの間にか通りすぎていた

八月の風を感じながら


気がつけばそこは人ゴミ溢れ

かき消されたため息さえもう何も届かない


何が何だか もうさっぱりだ声を聞かせておくれ

一体何だって言うんだ!?何か言っておくれ


交差する電車猛スピードで目の前を加速する

一瞬僕から音が遠ざかる...


気がつくと踏切の前

同じ場所にいる僕がいた

何も変わらない何者でもない

僕がここにいただけ

提供: うたまっぷ