歌詞

忘れ咲き

GARNET CROW

作詞
AZUKI 七
作曲
中村由利

気づけば懐かしい川原に来てみたり

昨日みた夢の続き想像してたり


あの日少年の君が大人びてみえて

さよならも言えず傘に隠れた

すれ違いもしも…なんてことを

時に忘れ咲き


愛だとか恋だなんて変わりゆくものじゃなく

ただ君を好きそんな風にずっとね思ってるような

あてのない想い抱えただ人は振り返るもの

巡りあえた景色をそっと消えぬようにとどめてゆく


夕暮れの空とか風にゆれる木々に

見惚れるふりをしながら幾度過ごした


なるべく傷つけぬよう傷つかぬように

切なさもほらね押し殺せる

愛だと名付ければそれが愛だといえる


何かを求めるとか形あるものじゃなく

ただ好きでいるそんな風にいれたらいいなって思う

孤独や弱気だとか押しよせる夜忘れ咲き

人恋しさぬぐえるような強さなど持てるでしょうか…


愛だとか恋だなんて変わりゆくものじゃなく

ただ好きでいるそんな風にずっとね思っていれたら…

孤独や躊躇い弱気が押しよせる夜に忘れ咲いた

思い出そっと枯れゆくまで今宵まだ身をまかせて

提供: うたまっぷ