歌詞

暁の車

FictionJunction YUUKA

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記

風さそう木陰に俯せて泣いてる

見も知らぬ私を私が見ていた

逝く人の調べを奏でるギターラ

来ぬ人の嘆きに星は落ちて


行かないで、どんなに叫んでも

オレンジの花びら静かに揺れるだけ

やわらかな額に残された

手のひらの記憶遥か

とこしえのさよならつま弾く


優しい手にすがる子供の心を

燃えさかる車輪は振り払い進む

逝く人の嘆きを奏でてギターラ

胸の糸激しく掻き鳴らして


哀しみに染まらない白さで

オレンジの花びら揺れてた夏の影に

やわらかな額を失くしても

赤く染めた砂遥か越えて行く

さよならのリズム


想い出を焼き尽くして進む大地に

懐かしく芽吹いて行くものがあるの


暁の車を見送って

オレンジの花びら揺れてる今も何処か

いつか見た安らかな夜明けを

もう一度手にするまで

消さないで灯火

車輪は廻るよ

提供: うたまっぷ