歌詞

フィルムズ

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
ak.homma

さよならの意味を知らない子供らが

無邪気に手を振ってさよならと

緑の風が吹く小径駆け 母の胸の中帰って行くのでしょう

僕らはまだどこかに帰れるかなぁ


流るるまま 枯れるまで涙

覚めぬ夢の微熱とは消えない憧れ

待てど春は来ず夏はまた秋をよび

長すぎる冬に咲く恋も果てた


いつもそばにいてとぐずる子供らが

母の細い首にすがるのは

いつかひとりきりになるときを心のどこかで恐れているのでしょう

悲しいことに間違っていなかった


落日から浜辺には涙

唄えばなお救われない 千切れた気持ちよ

去りて君想う 僕はただいくじなし

遠すぎる明日までうまく眠れ


さよならの意味なら深く知っている

君なのにさよなら お別れね

僕の帰る場所は今やもう君の心の中にはないのでしょう

流浪の子よ せめて泣かないで

あんなにも愛してた日々を誇れ

提供: うたまっぷ