歌詞

ひまわりがある風景

松任谷由実

作詞
Yumi Matsutoya
作曲
Yumi Matsutoya

ひまわりが影を伸ばしてる 小さなバス停で

あなたと別れた wooo

陽炎に溶けてゆくバスは 思い出も乗せずに

行ってしまった


全てが光の中に白く白く露出していた


遠くなってゆくあなたを ただぼんやりと見送っていた

映画でも観るみたいに

行き場の失い心だけが取り残された煙のように

ずっと漂っていた


ひまわりが咲くと 思い出す あのときの風景と

止まった時間


ファインダーの中であなたはきっときっと手をふっていた


遠くなってゆく記憶になすすべもなく立ちつくしてる

焼きついた昼下がり

声に出して呼んでみても 思い出せないあの夏の日の

最後のあなたを


遠くなってゆくあなたを ただぼんやりと見送っていた

映画でも観るみたいに

行き場の失い心だけが取り残された煙のように

ずっと漂っていた


遠くなってゆく記憶になすすべもなく立ちつくしてる

焼きついた昼下がり

声に出して呼んでみても 思い出せないあの夏の日の

最後のあなたを


遠くなってゆくあなたを ただぼんやりと見送っていた

映画でも観るみたいに

行き場の失い心だけが取り残された煙のように

ずっと漂っていた

提供: うたまっぷ