歌詞

永遠が見える日(album version)

松任谷由実

作詞
Yumi Matsutoya
作曲
Yumi Matsutoya

藍のゆかたで人待ち顔の 私に気づいたなら

泣きそうになるから すぐ手をとって

つれてって 川辺まで


大事な言葉 云おうとしたときに 大輪の光が

あとから あとから はじけ 枝垂れて

歓声に さらわれた


あなたがいて私がいた 夜空の中に

何も云わず誓い合った 儚い夢に


消えないで もう少し この胸に焼きつくまで

照らされてた横顔とともに

咲いていて いつまでも 祈るように目を閉じたら

その瞬間 永遠を見せて


紺の水面に落ちてゆく花火 こんな哀しいなんて

あなたに会うまで知らなかったの

綺麗だね こわいほど


あなたがいて私がいた 最初の夏へ

いつの日にか どこにいても 戻れるように

輝いて もう少し そばにいて 抱きしめて

この世にいる 意味をおしえて

浮かんでいて いつまでも 涙ぐんで 目を閉じたら

その瞬間 永遠を見せて

消えないで もう少し この胸に焼きつくまで

一度だけの 永遠を見せて

提供: うたまっぷ