歌詞

幸せの温度

angela

作詞
atsuko
作曲
atsuko/KATSU

幸せの温度を知りたいなら

それは体温にとても近くて

大事な人の頬に 触れた時

指に伝う愛しさに 似てる


あたしは弱い人間だから 一人じゃ生きてゆけない

温もり失うのが恐い

今立っている場所は とても不安定だけど

儚いからこそ支え合ってる


ふと足元に目をやってみたら

そこに 小さな花が咲いていて

こんなに荒れた大地に根付いた

この花の様に たくましく在りたい


ずっと泣いていた夜越えて 朝陽を体に浴びて

喜び分かち合う事を知って

多くは求めてないから 今がずっと続けばいい

大事な人と手を取り合って


幸せの温度を知りたいなら

それは体温にとても近くて

大事な人の頬に 触れた時

指に伝う愛しさに 似てる


穏やかに肌を 研ぎ澄ましたら

傍にある温もりに 気付くよ

提供: うたまっぷ