歌詞

嘘つきの最期

矢野絢子

作詞
矢野絢子
作曲
矢野絢子

嘘つきが眠る夜に浮かぶ夢はきれい

草原に落ちる雨の最初のひとつぶみたい

嘘つきが眠る夜に浮かぶ夢はきれい

引っ越した部屋の隅に転がるビー玉みたい

何を映してるのかしら

心配安心音無音


嘘つきが眠る前に映したものはきたない

一つしか面の無い組み立て式の正義

嘘つきが眠る前に映したものはきたない

落ちる前に巻き戻して塗り替えた太陽みたい

どこに向かってるのかしら

心配安心音無音


羽を飾ってプラカードをもった白い群衆

嘘つきの目にチクリと飛んできたそれは

舞い上がる砂利でも割れたビンでもなかった

それは正義か 真実か


ねえどうして本当の事なんか知りたくないくせに

こんな時だけみんな知りたいふりをするの

本当の事は美しいとでもおもっているならお笑い草だね


嘘つきは生まれてから一度も涙を流さず

流さないまま死んで行きました

そうあのチクリと飛んできたカケラが

体中をめぐった天罰でしょうか


誰かがほっとして

誰かが泣きました

世の中なんて

こんなものです

提供: うたまっぷ