歌詞

赤黄色の金木犀

フジファブリック

作詞
志村正彦
作曲
志村正彦

もしも過ぎ去りしあなたに

全て伝えられるのならば

それは叶えられないとしても

心の中 準備をしていた


冷夏が続いたせいか今年は

なんだか時が進むのが早い

僕は残りの月にする事を

決めて歩くスピードを上げた


赤黄色の金木犀の香りがしてたまらなくなって

何故か無駄に胸が騒いでしまう帰り道


期待外れな程 感傷的にはなりきれず

目を閉じるたびにあの日の言葉が消えてゆく


いつの間にか地面に映った

影が伸びて解らなくなった


赤黄色の金木犀の香りがしてたまらなくなって

何故か無駄に胸が騒いでしまう帰り道

提供: うたまっぷ