歌詞

ハイビスカス

bird

作詞
bird
作曲
Ryoki Matsumoto

あなたは光る砂を蹴って

わたしはこれまでを影に脱ぎ捨てる

小鳥のハミングを髪飾りに

あぶない青い果実 ひとつめしあがれ


平凡だった唇が輝きだす

どうかこんな想いを指先からそっと


目と目合うたび

恋の波が襲う

戸惑う気持ち

さらってくれますか


あの夏のキス

よみがえりはじめる

忘れかけてた あなたにも


クロスのピアスのその先の

潤んだまなざしは何を見てきたの


ときめきをね 胸に受け

この広がる空に高くあげれば

しなやかに飛べる


目と目合うたび

恋の波が襲う

戸惑う気持ち

さらってくれますか


あの夏のキス

よみがえりはじめる

忘れかけてた あなたにも


グラス傾けて

今を飲み干すの

わたしの心の火を

奪わないで


どこまでも

ときめきをね 胸を受け

この広がる空に高くあげれば

しなやかに飛べる


目と目合うたび

恋の波が襲う

戸惑う気持ち

さらってくれますか


砂の足跡

ハイビスカス揺れる

枯れてゆくまえに

記憶の首飾り


あの夏のキス

よみがえりはじめる

始まりはそうね 突然に

提供: うたまっぷ