歌詞

ビーフシチュー

堂本剛

作詞
堂本剛
作曲
堂本剛

この季節 抱くたび

君が作った時季はずれ

ビーフシチューを思い出す


嵐に飲まれた 恐かった

声聞くことすら

許されなかった


何かを入れ忘れた 鞄だけ


本当は本当は

本当に好きだったんだ

あの日がふたりの歩み狂わした

邪魔してた曇がほら

逃げてったのに 終わっちゃうの?

この夕陽また この黒またぎ

明日を照らす 運命と笑った


約束したのに

行けなかった

丘のある君おすすめの公園


言葉を越えたら

その先にあるのは

いつも 優しさだった


どこかに置き忘れた 無垢な戦士


時間とか 不安とか

さりげなく 交わして気付いた

誰より信じてたあの感動が

背中越し 手をふるけど

涙あふれにじんだ今を

懸命拭って かすれた声も

歌うよ 負けずに

歌うよ 負けずに

提供: うたまっぷ