歌詞

HERO

Bank Band

作詞
桜井和寿
作曲
桜井和寿

例えば誰か一人の命と

引き換えに世界を救えるとして

僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ


愛すべきたくさんの人たちが

僕を臆病者に変えてしまったんだ


小さい頃に身振り手振りを

真似てみせた

憧れになろうだなんて

大それた気持ちはない

でもヒーローになりたい

ただ一人 君にとっての

つまずいたり 転んだりするようなら

そっと手を差し伸べるよ


駄目な映画を盛り上げるために

簡単に命が捨てられていく

違う 僕らが見ていたいのは

希望に満ちた光だ


僕の手を握る少し小さな手

すっと胸の淀みを溶かしていくんだ


人生をフルコースで深く味わうための

幾つものスパイスが誰もに用意されていて

時には苦かったり

渋く思うこともあるだろう

そして最後のデザートを笑って食べる

君の側に僕は居たい


残酷に過ぎる時間の中で

きっと十分に僕も大人になったんだ

悲しくはない 切なさもない

ただこうして繰り返されてきたことが

そうこうして繰り返していくことが

嬉しい 愛しい


ずっとヒーローでありたい

ただ一人 君にとっての

ちっとも謎めいてないし

今更もう秘密はない

でもヒーローになりたい

ただ一人 君にとっての

つまずいたり 転んだりするようなら

そっと手を差し伸べるよ

提供: うたまっぷ