歌詞

限りない欲望

Bank Band

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

限りないもの それが欲望

流れゆくもの それが欲望

子供の時欲しかった白い靴

母にねだり手に入れた白い靴

いつでもそれを どこでもそれをはいていた

ある日僕はおつかいに町へ出て

靴屋さんの前を見て立ち止った

すてきな靴が飾ってあった 青い靴


限りないもの それが欲望

流れゆくもの それが欲望


僕が20才になった時君に会い

君が僕のすべてだと思ってた

すてきな君を欲しいと思い求めていた

君と僕が教会で結ばれて

指輪をかわす君の指 その指が

なんだか僕は見飽きたようでいやになる


限りないもの それが欲望

流れゆくもの それが欲望


僕はやがて年をとり 死んでゆく

僕はそれをあたりまえと思ってる

それでも僕はどうせ死ぬなら 天国へ


限りないもの それが欲望

流れゆくもの それが欲望

終りないもの それが欲望

提供: うたまっぷ